忍者ブログ
ズグロシロハラインコ"ずん吉"の成長記録と20代でガン(前立腺肉腫)になった管理人の闘病日記。 Since 2008/03/27
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2009年5月22日(金)

本日、退院する事ができました。

とっても急だったのですが、水曜日に主治医の先生とお話して決まりました。

しかし条件付の退院で明日以降も頻繁に通院なんです。

頻繁に通院の理由は、先日お知らせした記事に書いた、骨盤内の一部から膿が出続け、溜まってしまうことです。

そのため骨盤内を洗浄するための管(溜まる膿の出口でもある)が足の付け根から体内に入っていて、そこから注射器で生理食塩水?を体内に注入し体内にある膿を洗浄しなくてはいけません。

膿が出続けてる以上、足の付け根からの管を抜くことはありません‥

もし、出続けているのに管を抜いたら骨盤内に膿が溜まり発熱。

管を抜いてしまえば、出口を失った膿が骨盤内に大量に溜まり、最悪手術で開腹しなくちゃいけない、らしい。
(管を抜けば肉がくっつき二度と管を入れられなくなる)

来週は、とりあえず月曜・火曜・水曜、病院で処置( ̄▽ ̄)こりゃ大変

でも、一日病院でボーっとしているよりは全然マシなので頑張って通います。

現状と今後については後日改めて記事にしたいと思います。

結構大変な事になりそう(なってる)なので、気が向きませんが‥。

拍手[1回]

PR


2009年5月13日(水)



まだホスピタルです


順調に行けば4月末ぐらいまでには退院できたはずなのですが、問題発生で未だ退院できず。



原因は、手術でいじくった骨盤内の一部から出続けている膿です。


その膿が骨盤内に溜まらないよう足の付け根付近から管が入っていてコレが抜けないと退院できない!


#解決済みだけど手術で一度切った場所(脂肪と筋肉の間)にも膿が出て溜まっているのをCTで発見し、局所麻酔をした上で一度切った場所を再度切るってことも何回かした。

それを体験して以来、先生がベッドの周りに集まると「また切られるのか?!」「(傷口を)ほじられるのか?!」と身構えてしまう( ̄▽ ̄)


なんてこったい!!



前回の外泊終了後、病院で38度以上の高熱になった。

これも骨盤内に溜まった膿が血流に乗って全身に回ったから熱が出たんじゃないか、と先生がいっていた。

実際に採血で出たデータからも膿などが引き起こす炎症反応が‥布団が吹っ飛んだ並に跳ね上がってたし‥(-_-;)



せっかく点滴外れてたのに抗生剤を落とすため点滴の管が腕に‥

朝、昼、夜と一日三回抗生剤を落とすので点滴が抜けないと外出外泊もできなくなる、参った。



今日は今日で午前9時ごろ突然猛烈な吐き気に襲われ、我慢したけど10分ぐらいでノックアウト(全部吐き戻しました)



今は回復したので大丈夫!

金曜日の採血の結果がよければ点滴が抜けるので週末は自宅に戻ってくるつもりです(^o^)



元気があれば何でもできる?

拍手[0回]



2009年4月16日 木曜日

手持ちのPHSから更新できることに気づきました。
すごく時間がかかるのでコメントの返事ができないかもです(ごめんなさい)

コメント読みました。
あたたかい言葉、本当に嬉しかったです。
自分は一人じゃない。
家族はもちろん多くの人に支えられているんだな、と実感させられました。

退院後、詳細を記事にしようと思いますが大手術でした
3月26日の午前9時に手術が始まり終わったのは翌27日の午前4時。
途中トラブルもあり、19時間手術室にいたことになります。

手術前は56キロだった体重が60キロ越え!体むくむくで衝撃的な感覚と体験でした。

話し出すと止まらなくなりそうなので、ここらへんでストップ!
残りは退院後にまとめます。

ずんきちは元気です。
母が面倒みてて、毎晩電話で鳴き声聞かせてもらってます。
だいたい「ぐるるるるーっ」という謎の鳴き声か、
怒りの「ギャーっ」(声が小さくて聞こえないから母がシッポをつまんで怒るずんきちの鳴き声)なんですけどね。

シッポつまみは、ずんきちも対応策を練っているようで、つまんでも泣かなくなるそうです。
かわりに噛みついて応戦…(^^;)

鳴き声が聞けるだけで満足(^^)ニヤりな飼い主

退院はまだ先になりそうです
また腹をあける手術(小さな手術)を予定外にすることになりました

それが無事終わればトンネルの出口が見えてくる

ああ、早く帰りたい

ずんきちに会いたい

みんなのブログもみたい

やりたいこと山盛り

でも今は一つ一つ課題をクリアしていかなくちゃいけないので、多少時間がかかってもしかたないと割り切って考えてます。

だって相手はガンの中でも症例が著しく少ない肉腫だしがんばります

# # # # # # # # #

個人的なことですが、差し入れありがとうございました

きれいなお花に手紙、感謝

生写真、インコ本にニヤリ

ズグロ座布団!?にまたまたニヤリ

とても嬉しかったです。

拍手[4回]



2009年3月23日(月)

おひさしぶりです。

突然ですが、明日3月24日(火)に入院します。

手術日は3月26日(木)です。

肉腫はたちの悪い悪性腫瘍なのでこれで決着が付くとは思っていませんが、
コイツを体からようやく取り出す事ができるんです

本当に長かった‥‥‥

今は手術の成功
そして転移していないこと
まわりの臓器(私の場合は直腸)へ浸潤していないことを願うだけ

※転移:腫瘍細胞が何らかの理由で全く別の臓器へ飛び火すること
※浸潤:腫瘍細胞がまわりの臓器へしみだすこと


先週と先々週は手術に備えた検査検査の日々でした

●採血
●自己血採取・術中の輸血用(400ccを二日に分けて)
●赤血球を増やす注射 (筋肉注射のようなもの=痛さ)
●レントゲン
●心電図
●大腸造影
●大腸針生検  
●骨シンチ

検査をスタートした日の直後(3月10前後)からは前立腺の腫れが拡大してきたようで
完全に尿道を塞いでしまいました
自力では排尿ができない事態に‥。

今も自己導尿といって尿道に管を通して排尿してます。

何度も管を通していたので尿道の一部が傷つき膿がでてきます。

尿も膿っぽい臭い匂いがしますし、血液の固まりや白ぽい膿の固まりも大量に出る始末

ここ1~2日で出た尿 (注意:気分がわるくなるかもしれません

まだ透明感があるだけましで、少し前は濃い紫のグレープフルーツジュース状態でした。

それも、後少しの辛抱を思えば乗り越えられそう

あと、手術前に最後の抵抗か?2,3日前から前立腺の肉腫がまた大きくなってきてる

fig02.jpgfig02_1.JPG









参考画像URL:http://www.med.akita-u.ac.jp/~hinyoki/general/prostatecancer.html

左が正常な状態で、右が現在の私の状態

実際にはもっと膀胱が前面に押しつぶされて直腸も上の方まで押しつぶされてるはず

最近、じわじわ肉腫がでかくなってきてるようで、2、3日前から今までに感じた事の無い激痛
に教われてます。
その度、お尻を押さえしゃがみこんでしまうぐらい痛い‥

もしかしたら直腸の針生検が原因かもしれません。

短時間(30分ぐらい)で急速に体温が38度まで上昇する事が
この2,3日何度かあるので (生検等、体内で炎症反応があると人は発熱します)

もう6時間おきの痛み止めが欠かせない

早く手術をしたい気持ちはあるけど‥

正直‥怖い

手術もそうだけど、術後自分の体はどうなってるのか?
人口膀胱は確実で人口肛門は‥?
肉腫が転移しやすい肺の状態は?

不安と恐怖が今になって物凄く襲ってくる

皆さんで知ってる人は少ないと思うけど、
肉腫ってガンよりも厄介で怖い悪性腫瘍なんですよ

大きく分けると骨肉腫と軟部肉腫に分けられ前立腺肉腫も軟部肉腫に属する。(たぶん)

軟部肉腫の発症件数は年間2,000件とされていて
発症件数の少ない上に、肉腫の種類は30種?50種?ともされ、どこにでもできる。
しかも若い世代の発症率が圧倒的に多い。

その確立は10万人に2人‥

なんでその1人になっちゃったんだろう

発症したのが忘れもしない、2008年7月4日

もう9ヶ月も経過する

本当に大丈夫なのかな…

* * * *

PS ずん吉は元気モリモリです。140gまで体重も増えて来ました。
   しばらく更新もできなくなると思うので、後ほど「ずん吉」を更新しますね

ポチっとお願いします

BLOGRANKING.jpg


☆THANKS★

拍手[9回]



先日、入院して検査した結果が3月10日(火)に先生から告げられました。

検査結果は、最悪の結果「前立腺肉腫」と診断されてしまいました‥

前立腺がんよりも立ちの悪い悪性腫瘍です。

症例が少なく、15歳~25歳の若い世代に発症するガンで

その確立は前立腺がんの0.1%、つまり1000人に1人の割合で発症するガン

進行速度も速く、発見・診断されたときには既に他の臓器に転移してること
が多いガンだそうです。

前立腺肉腫という診断がつき、当初手術日を6月4日と予定した手術日を
緊急で3月26日に入れて貰う事ができました。(確定)

手術日まで術前検査がたくさん入っており、
今日12日(木)も大腸造影・呼吸器系の検査・採血・採尿・心電図・レントゲン・他
一日がかりで検査をして来ました。

体力も日に日に衰え、立っていることはもちろん座っていても横に倒れてしまう
ぐらい体がおかしいです。
前立腺が針生検で腫れているからでしょうか?たまに小便が詰まってでてきません。
そのたび、自己導尿といって自分で尿道に管を通し排尿することも多くなりました。


手術で想定される出血量は3,000cc-5,000ccということで
手術中に輸血が必須になるため、明日13日と19日に自己血といって自分の血液を
事前に取ることになってます。

手術の内容に関しては、
ただ前立腺を取るだけでは済まず、まわりの臓器(直腸・膀胱)も一緒に摘出する
大手術となるようで、泌尿器科と外科合同で手術時間約10時間にも及ぶそうです。

人口膀胱・人工肛門になることが確定ではありませんが、
高い確率でなってしまうのです。
そうなったら体に尿と便を溜める袋をぶら下げて生活する事になります。

膀胱だけは‥‥肛門だけは‥‥と先生に問うと
「命が最優先、へたに残すことで再発したらもっと大変な事になる」
体に袋ぶら下げるなんて抵抗ありすぎるし、身体障害者になるなんて夢にも思わな
かった。
膀胱と肛門は諦めざる負えない状況で、ガンが転移してないことを願うのみ‥

左足の付け根が痛いのが強烈な不安要素で、3月18日(水)に骨シンチという
骨にガン細胞が無いかの検査を受ける予定です。
骨に転移してたら最後、有効的な治療法は無く進行を遅らせるだけになる。

体力的にも精神的にも疲れ果てそう‥‥

20代でガンって‥

来年の今頃は生きているのかな…?

ごめんなさい。
コメントを読むと泣いてしまうので非表示にしました。
それに今の精神状態では、コメントの返事もずっと放置してしまいそうなので‥

また何か進展があれば報告しますね。

拍手[38回]



2009年2月11日(水・祝)

1月27日付けで北里大学病院に転院

昨日、2月10日に病院の予約を入れており行ってきました。

KitasatoUniversityOfHospital.jpg






以前お世話になっていた横浜総合病院での資料(検査結果等)を全て
お渡ししており、それをもとに北里大学病院でも調べてもらっていました。

現状、著しい体調の悪化を招いている感染症。
それを引き起こす原因となった前立腺針生検で採取した細胞も再検査してもらっていました。

結果は‥

北里大学病院でも検査結果は何なのかわからない

たぶんうまく細胞がとれていないらしく、次の段階に進めません

先生いわく 「診断をつけないことにはどうしようもない」 

また‥また‥前立腺針生検で前回の8箇所から22箇所から細胞を採取することに
なってしまいました

今回は骨髄麻酔(背骨に注射)で半身マヒの状態で股下からプスップスっと採取

しかも、検査する場所がないらしく手術室ときた

‥‥それはいつですか?と尋ねると

巨大な大学病院なので融通が利かないらしく2週間後の2月25日、結果も2週間後‥

CTの予約も入れてもらいましたが最短3月4日

とってもとっても時間がかかる

現状、2月10日に処方してもらった抗生剤と痛み止め服用で
前回の記事で記したような耐えがたい苦痛は和らいでいる(痛い事は痛いけど)

何とか待つことに関しては大丈夫そうだ

母親は今更、別の病院にする?とか言い出すし
(ペースが異常に遅すぎるのと、現在診てもらっている先生が4月でいなくなる → 引継)

転院前の候補にあった聖マリアンナ医科大学病院にすればよかったかな‥?とか(・。・

心配にさせることばかり‥

とりあえず、このまま体調に異変がなければ2月25日に針生検となる感じです。

薬の効果で今はだいぶ楽なのでブログも今まで通り更新しますね

* * *

余談

手術代が100万・200万になろうとも高額医療を事前に申請すれば私の場合、
上限の8万円だけの支払いで済む。

しかし、高額医療費の対象外である部屋代・食事・リース品の代金がある。

困った事に北里大学病院の部屋代が高すぎることに気づいた

差額0円の部屋無し、一番安くて4人部屋6,700円

看護士の方から 「部屋がない場合個室16,700円になる可能性があります」とか(・・;

6,700円の部屋でも20日入院で13万円!現状収入のない自分には痛すぎるのに
16,700円/日の部屋だったら20日で33万とか絶対無理!

母親が即答で「無理」と答えてくださりました(爆)

聖マリアンナ医科大学病院なら差額0円 / 3,000円台 /  5,000円台 ・・・・とあるのに。

ポチっとお願いします

BLOGRANKING.jpg


☆THANKS★


 

拍手[10回]



2009年2月9日(月)

☆コレまでの経緯はこちらから

前立腺にできたものは何なのか?

それを調べるために2009年1月17日に前立腺針生検を行った
(前立腺に針を刺して細胞を採取するというもの)

この針生検以降‥体がおかしくなった。異常なぐらいに。

前立腺に針で穴を開けたところが化膿し膿がでることで感染症を発病する

針生検によって感染症を発病し発熱(最高39.5度) → これが原因で入院

また、高熱に伴う超低血圧(一時84の46

他には‥頭痛・前立腺の痛み

ここまでは入院によって苦しい時もあったけど乗り切る事ができた。

ところが先週の2月4日(水)に起こった出来事で体力の限界が近づいてきた

1月30日から2月3日までは薬の服用などでだいぶ楽だった。

そのため2月4日に外出しても大丈夫だろうとショッピングセンターにでかけてみた

すると外出先で急にお腹をナイフで刺すような激しい痛みに襲われ前かがみになりながらトイレへ

すると大量の鮮血が肛門から流れてきたと同時に血管(血液中)に菌が入り込んで
あっと言う間に体温が上昇するのがわかった。
どうも低血圧にもなっているようで倒れそうに‥

前立腺針生検で前立腺に穴を空けてから完全におかしくなった。

前立腺に針を刺した場所から前立腺の外へ血液なのか膿なのかわからないけど
常時何かが出ている
前立腺膨張で腸の半分以上を押しつぶしている状態のため、その"液体"は、行き場を無くし
やわらかい腸側に膨れ上がっている

今回、体を動かした事で膨れ上がっている腸の部分に穴が開き腸に流れ込んだ
ものと勝手に思ってる。 それ以外に考えられない

今まで肛門から大量の鮮血が出る事はなかったし、前立腺に針刺してから
今までなかった事が頻発しているし‥。

2月3日まで落ち着いていたのに‥
2月4日の肛門から鮮血で感染症再発で37度半ばの微熱がでたり頭痛や低血圧(立つと
すぐに倒れそうになる感じ)、そして出血した部分が原因か?肛門の前後が非常に痛い。

2月5日(木)の夜には左足の付け根まで痛み出した
(じっとしていられないようなじわじわくる痛み)

「感染症」や「前立腺腫瘍」と何か関係があるのかとネットで調べて見ると‥

どうも、足の付け根の痛みは前立腺の近くにある左足付け根のリンパ節が感染症の菌が
原因で脹れて痛みを感じるらしい。

感染症によって血液中に菌が入り込むと、その菌を退治しようと体が反応
その結果、患部に一番近いリンパ節は腫れ上がって痛みを感じる‥と言う感じ

あくまで推測だし、最悪ガンなのかもしれない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



現在は、少しでも外出すると発熱したり肛門から血が出て感染症の症状がでてきたり
身動きとれない最悪の状態が2月4日から続いています。

実は明日2月10日(火)に転院先の病院の予約があります。

上記の状態のため即入院・もしくは近いうちに入院になる可能性があります。

ここ数日、食欲不振が続いてます。
さっき体重計にのったら55kg切ってました。
体重に関しては、スポーツしてた時期に53kg台があるのでまだ大丈夫ですが
手術日も決まっていない状態で体力が持つのか心配

ちなみに転院先は北里大学病院です
泌尿器科だけで先生が10人ぐらいいますので心強いです

明日の結果を書くことができればまた報告します。

拍手[1回]



2009年1月28日(水)

みなさん暖かいお言葉本当にありがとうございました。
本当に辛かったので涙が出ました‥‥
これからが本番ですが頑張りますので
今後もよろしくお願いいたします!

* * * * *

きっと何が起こったの?と思われている方ばかりだと思うので
簡単に今までの流れを書いて見たいと思います。

長々と超長文です
あくまで今までの経緯、そして自分自身の記録目的でもあります

●2008年7月

4日早朝に股間の激痛で動けなくなり緊急入院
最初に見てもらった病院での診断結果は「急性の前立腺炎症」最終的に
診断書として書いてもらった際には「前立腺膿瘍」となってました。

2週間入院しましたが、非常にリスクのある手術は最終手段とし、
ずっと投薬(薬と点滴)で治療

当初、激痛で動くこともできなかった状態から問題なく身動く取れるまで
回復したため退院。
とは言っても通常では考えられないほどの前立腺の大きさは変わらずで
腸の半分と膀胱やその他の臓器も膨張した前立腺で圧迫されている状態

その後も薬で少しづつ治す(治る)‥‥はずでした。

●2008年12月29日~

突然、あらゆる種類の血尿が3~4日昼夜を問わず出続けはじめる。
(鮮血・血液の固まり・血の混じった赤っぽい尿)

ときどき、真赤な鮮血(尿は微量に混じる程度)が体を動かすタイミングで
勝手に出てきたりする。

血尿がおさまると‥
次は前立腺が突然でかくなり、また股間の激痛で前回程ではないにしろ
動き回る事ができなくなる

●2009年1月6日(火)~

新年早々会社をお休みして病院へ

全然良くなる傾向がないので前回とは全く別の病院へ

初診専門で週一その病院に来ている先生に今までの経緯と症状を話すと‥
前回の病院で診断された「前立腺炎症」ではない全く別の病気と告げられました。

そのできもの正体がわからないと手術にしても先に進むことができない
ということでずっと病院に入り浸る日々でした。

痛みで仕事に集中できる感じではなかったので
1月6日から9日と13日の5日間お休みして検査検査検査。
(※痛くて仕事どころではなかった

CT(何回も)・MRI・血液検査・尿検査などを受けても結局、何かわからず。
血液検査でわかるPSA値(ガンか否か)も問題なし、炎症反応もない

●2009年1月17日(土)

最終検査?である前立腺生検という検査で前立腺の細胞を採取して
悪性腫瘍なのか?肉腫なのか?それとも‥?を判断する検査を受ける。

麻酔無しで前立腺に針で穴を開けるのですが‥自分の場合はなかなか
細胞がとれず8箇所も針で‥‥。

検査はすぐに終わりましたが‥
針で刺した場所が炎症を起こし膿がでてしまうと感染症になってしまうので
なるべく動かず安静にということでした。検査後~3日程が山

●2009年1月23日(金)

頭が熱くなり立っているとすぐに横になりたくなる感覚に見舞われる。
食欲不振、何もする気が起こらないなどのだるさ等の症状が出始めた‥。

当初は薬の副作用かと‥

●2009年1月24日(土)

朝起きて頭や焼けるように熱く‥そして頭(特に目の奥を刺すような感じ)が痛い。
もし感染症だとすれば最悪、全身に菌がまわって死んでしまうこともあるし
菌が原因で発熱しているなら普通の風邪とは別物なので病院へ。

待ち時間診察室検査 これを何回も繰り返すこと3時間

案の定、感染症による発熱ということが発覚し即刻入院

入院直後が感染症による発熱のピークで

●24日(土)12時:39.5度
#激しい頭の痛みと焼けるような熱さに意識が遠のく感じ
#抗生剤・座薬を投与

● 2 4 日    1 8 時:35.8度
● 2 5 日 日) 0時:38.5度               #座薬投与
              6 時:35.7度
               1 8 時:37.5度
● 2 6 日 月) 0時:38.0度
                   6時:36.5度

※この後、退院まで36.5度前後をキープ

★27日(火)の早朝に退院しました。

退院といっても完全に治った!自宅でゆっくりできる!とは程遠いモノで
これからが本当の本番‥地獄の始まりのような気がします。

先生とは事前に相談して転院する大学病院に提出する紹介状と今までの
検査結果一式を用意してもらい、退院後そのまま転院先の病院へ。

転院先の先生がCTとMRIや他の検査結果をみて言った言葉が‥

うーん、非常に難しい‥

これは私一人だけで判断できるものではないので泌尿器科の先生全員と
相談した上でどうするか決めていきたいので時間をください


今まで6人もの先生に見てもらって根本的な治療法を明確に示された先生は
一人もいませんでしたし‥

なんだかんだで一日がかりでした。
その反動が完全に治りきっていない体にこたえたようで
27日(火)の夜にも耐えがたい頭痛でまた退院した日にも関わらず再入院?
の直前まで行きました。

とりあえず、超不安定ながらもこのまま落ち着いてくれれば‥
しばらくは家でゆっくりできそうです。

拍手[5回]



こんにちは!

いつも足を運んでくださりありがとうございます。

ブログでお伝えしておりませんでしたが‥

昨年末より、ひどい血尿3,4日続き‥おさまったと思ったら

以前悪くしたことのある前立腺(診断は急性前立腺膿瘍)が膨張しだし痛み出しました。

前回、診断してもらった病院とは別の病院で診察をしてもらうと

「前立腺膿瘍」ではない全く別の病気ということで

現在、あらゆる検査をうけてきましたが、いまだに原因不明です。

過去検査してもらった先生は口を揃えて「何なのかわからない」という言います

CTやMRIをみると通常クルミ台の大きさである前立腺が握りこぶしぐらいまで

大きくなっているため、回りの臓器を圧迫し死にそうなぐらい痛い。
(周りの臓器も本来あるところにないものも‥)

先週の土曜日には、そのできものが何なのかを調べる最終検査を受けてきました。

麻酔なしで前立腺に針を指し細胞を採取。それが悪性腫瘍なのかただの肉腫なのか?

という結果を待っているところですが、

前立腺に針で穴を開けたため出血や肛門付近なので菌が多いことで
感染症を発症する恐れがあるとのことでした。

その感染症の症状である発熱が2,3日前から現れてきました。

感染症で死んでしまう人もいるらしく、熱などの症状が出たら入院っぽいです。

また、手術になっても、前立腺を取る!という簡単なものではなく

大きな大学病院に転院してもらうかもしれない、とても大掛かりなものになる、
と言われています。

可能性は低いと信じたいですが、死んでしまうかもしれません。

20代でも悪性腫瘍(ガン)は稀にありますし、前立腺の場合骨に転移しやすい
のです。

本日、病院にいっています。

たぶん入院になってしまう可能性が高いですので、更新ができなくなると思います。

ずん吉と合えなくなるのも辛いけど、ちゃんとうちの家族がずん吉の世話をできるのか?

という不安もあり、悩み事が多い‥

拍手[3回]



国別アクセスカウンター
free counters
※設置日2010/05/06
飛んでいってしまいました。
日時:2008年8月29日午後16時30分頃

場所:神奈川県横浜市青葉区すみよし台




プロフィール

種類:ズグロシロハラインコ

英名:Black-Headed Caique

名前:ずん吉

年齢:2歳と4ヵ月になりました。

性別:たぶん♂

体重:140-148g 夢は200g!!

誕生日:2008/07/上旬

我が家に来た日:2008/09/23

リング No. HC 8B 1667

(2010年11月1日現在)

* * * * * * * * * *


種類:オカメインコ

名前:ごえもん  ♀

誕生日:2008/02/15

我が家に来た日:2008/03/23

●2008年8月29日に家族の不注意(肩に乗せたままベランダへ)で外の世界へ飛んでいってしまいました。

* * * * * *



管理人: かずず

生息地:神奈川県

●2008年7月4日に「前立腺肉腫」を発病
当初、前立腺膿瘍と診断されるも、別の病院で全く違う病気と指摘され、検査検査を繰り返し・・・・ ●2009年3月10日に前立腺肉腫と診断される。(確定)

2009年3月26日手術
2009年5月末 再発

2009年6月から2010年1月18日まで抗がん剤治療

経過観察中・・・・・に肉腫再々発(5/29)

5/21から抗がん剤治療のため入院中(現在も)

現在、腫瘍が小腸を噛んでいるため、腸閉塞の症状で禁飲・禁食中。

肛門付近の腫瘍に続きお腹付近でも腫瘍が・・・・・・という状況。

備考:「管理人」じゃなんだかなぁ~っということでHNを設定!= かずず

当ブログはリンクフリーです。



カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
訪問者カウンター
つぶやき
アンケート

※過去のアンケート

作業用 B G M ♬
最新コメント
[12/11 金子義則]
[12/10 ちえぶう]
[12/10 Pon]
[12/09 ヒカル]
[12/09 くたひめ]
[12/06 UGG ブーツ 通販]
[12/06 UGG ブーツ 通販]
[12/06 UGG ブーツ 通販]
[12/06 UGG ブーツ 通販]
[12/06 UGG ブーツ 通販]
メールフォーム
フリー & RSS
ブログ内検索
くる天 人気ブログランキング


リンクリックブログランキング
ブログランキング☆BITZ
ブログランキング
広告


* * *


HPやブログが無くても大丈夫!
自分自身で資料請求や無料会員登録、口座開設をして報酬をもらえるセフルバックというコンテンツあります。
忍者ブログ [PR]